ココマイスター「コードバン薄型長財布」の評判


  

皆さんは「ココマイスター」っていう革製品を扱うブランドをご存知ですか?

もともは、自由が丘に店舗を構え、他は通販でしか買えなかった革製品のブランドなのですが、今では銀座や大阪、神戸などに次々とショップがオープンし、いろんな雑誌にも取り上げられている、今、とても評判のいいブランドなんですよ。

お店はこんな雰囲気です。

見た目はとっても高級そうな店構えですけど、中に入るとスタッフの皆さんがとってもフレンドリーな感じのショップになっています。

ココマイスターの実店舗は、現在6店舗あり、どの店舗も評判が良いことで有名です。

店舗の雰囲気はもちろん、販売スタッフの評判も良く、リピーターが多いのが特徴です。

直営店だけで販売を行っており、販売スタッフはすべて正社員さんです。

知識と経験が深い販売員は、初めて革製品を手にする時の良きアドバイザーとして、ギフト選びのパートナーとして、心強い味方になってくれています。


●心温まる革製品がコンセプト!

ココマイスターのコンセプトは、日本の職人がつくる心温まる革製品です。

このコンセプトをもとに、熟練職人を選び、こだわりのある物づくりを行っているんです。

厳しくチェックされて選ばれた素材と、その縫製技術がセットで一生使える革製品を生み出しています。

革の素材は、イタリア、イギリス、ドイツなどの革文化が生み出した、最高級の天然皮革を採用しています。

ヨーロッパの革文化は、歴史があります。

ヨーロッパの厳選された皮革は、大量に生産することはできません。

ネットも路面も直営店だけで販売することで、希少な素材を採用することができているのです。

そしてココマイスターには、会員サービスもあるんです。

その会員サービスに登録すると、永年保証を受けることができるんですよ。

様々なメリットがあるので、多くの人達が会員になっています。


●熟練職人が作り出すココマイスターの財布!

日本は、天然素材の財布の人気が高いですよね。

天然素材は、使うほどに味わいが出てきます。

特にココマイスターが扱う革の表情は、ヨーロッパのものが多いので一つ一つ違い、同じものがないということも、大きなメリットです。

そして、外側の皮革と内装のヌメ革は、表面加工はほとんど施していないんです。

そのため、使えば使い込むほど味が出てきます。

味が出てくると、財布に対する愛着も出てくるという人が多いです。

そして、ココマイスターが作り出す革製品の中でも、特に幅広い年齢層で人気があるのが財布です。

その財布は、デザインがシンプルで上品なのはもちろん、品質が良いことも大きな特長のひとつです。


その品質の良さを支えているのは熟練した職人さんであり、それぞれの職人には得意分野があります。

ココマイスターでは、職人の得意分野を考えて、最も適したマイスターマッチングを行っているのです。

紳士物の定番と言えば、ハードな革を使っている長財布です。

長財布の中でも人気が高いのがラウンドファスナータイプですが、この型は、比較的最近知られるようになった財布です。

ココマイスターの財布は、厳選された革を使って縫製を行い、最終的に切れ端の部分を仕上げていきます。

そして磨かれた後、艶やかに仕上げていくのです。

この製法は、昔から日本で使われている製法で、とても手間がかかるものです。

そのため、この製法を得意とする職人はどんどん減っているのです。

最近は、職人不足や賃金の高騰から、財布やバッグのメーカーは、中国やベトナムなど工賃の安い海外へ生産をシフトしています。

そんな中、ココマイスターは珍しく国内生産を貫いているんです。

その理由は、妥協なき品質の確保

私も思うんですが、革製品を扱う日本の職人さんってやっぱり凄いと思います。

数ミリ単位でのこだわりが出来の良し悪しを左右する財布は、特にそう思いますよ。


●青野さんによるココマイスターの財布の評価!

シンプルなデザイン、徹底的にこだわった品質、使い勝手のいい機能性、そして上質な革なのに買いやすい値段が魅力のココマイスター。

私の勤める会社でもとても評判が良く、社内の男性諸君10人のうちの4人がココマイスターの財布を使っています。

どうせだったら、もっと皆さんにも知ってもらいたいと思ったんですね。

そして、男性社員からココマイスターの評判を聞きだし、このサイトを作ってみましたよ!

題して……『 ココマイスターの財布|男性諸君の評判【R☆Style】 』……です!

ちなみに、【R☆Style】というのは私が勤めている、ちっちゃなホームページ制作会社になります。


今回お伝えするのは、一番先輩にあたる青野さんが使ってるココマイスターの財布の評価です。

青野先輩は現在42歳、こんな感じのとってもお洒落な雰囲気をもってる営業担当です。

かと言って、全然キザっぽくなく、人当たりも穏やか。

私から見るとセンス抜群で、ヨーロピアントラッドの雰囲気の洋服に、敢えてインディアンブレスレットなんかを合わせたりして、なかなか真似のできないお洒落感覚の持ち主です。

そんな先輩が使っているココマイスターの財布は、「コードバン薄型長財布」。

それがコチラです。

  

先輩が使ってる「コードバン薄型長財布」の色は赤味を帯びたダークブラウン。

私は、こんな色の革の財布を始めて見ましたよ。

よくあるこげ茶ではなく、赤っぽいく、しかも深い色合いでとってもセンスがいいって感じです。

ダークブラウンとブラックどっちにしようか迷ったそうなんですが、丁度ブラックが売り切れててこのダークブラウンにしたそうです。

結果それで良かったみたいなんですけど、ここへきてブラックも欲しくなったみたいですよ(笑)

なんでもココマイスターの財布って少量生産らしく、評判の良い型やカラーものは再販してもすぐに売り切れるみたいなんです。

実はダークブラウンが買えたこと自体、再販したばっかりのタイミングだったので、とてもラッキーだったと言ってます!


そして、中に使われてる革はヌメ革。

この色もとっても上品な色ですよね。

財布本体の革の荒々しさに逆にマッチして、さらなる魅力を増していると思います。

見た目は、ホント、大人目線のカッコいいサイフではないでしょうか。

使い勝手のほうですが、お札やカードの出し入れはとっても扱いやすいんだとか。

意外と厚さも今まで使ってた財布より薄くて、ジャケットの内ポケットにスポッと入り、表生地にヒビかないんで喜んでいますよ。


あと、楽しみにしてるのは経年変化なんだそうです。

「経年変化」・・・私はこの言葉初めて聞いたんですが、使えば使うほどアンティークな風合いに変わっていくんだそうです。

手についた油が革に段々染みついていって、何とも言えない味わいになるんだとか。

「使いながらもその先に楽しみが待ってるんだよ!」・・・・と先輩は申しておりました!!

以上、今回はココマイスターの評判を青野先輩から聞き出したレポートをお伝えしました。

青野先輩が使ってる『ココマイスター・コードバン薄型長財布』の購入サイトはコチラ

とっても評判が良かった『ココマイスター公式サイト』はコチラ





■コンテンツ■

革製品ブランド【COCO】…財布の口コミ

こだわりの国内生産、ココマイスターを買うなら通販で!

使い勝手のいいココマイスターの財布の評判

運営者情報