ココマイスター[財布の評判]後悔しないためのお役立ち情報!

【ココマイスター】の財布がもつ魅力をご紹介

こんにちは、ネットで評判のサイトをご紹介する[R★Style]の横山です。

今回取り上げるのは【ココマイスター】の財布!

……その評判や口コミは?

そして、皆さんが買った後で「失敗したなあ~」なんて後悔することがないように、しっかり【ココマイスター】の財布がもつ魅力をご紹介したいと思います。

【ココマイスターの財布】とは?

ココマイスターは日本の職人が、ヨーロッパの最高級皮革で手作りで行っている革製品メーカーです。

英国貴族が愛した1,000年以上の歴史を誇る馬具革やイタリアのカーフを材料に、日本の熟練職人が極上の革財布に仕上げています。

写真を見るだけでも革へのこだわりを感じられるココマイスターですが、実物を手に取ってみると革にプロではない私でも、その評判通りの高級感を感じられる一品です。


日本では、銀座に2店舗、自由が丘店・神戸・大阪・名古屋に直営店6店舗。

世界に誇る日本の革製品は本物志向の逸品で、使い込むほど味が出てくる経年変化を楽しむことができます。

長く使い続けられる製品で、紳士向けだけでなく女性向けの商品もあり、誕生日や退職祝いなどの贈り物にも好評というのも納得です。

【ココマイスターの財布】の評判は!…口コミを調べてみた!


■良い口コミ

実際に【ココマイスターの財布】の評判を口コミで調べてみました。

まずは良い口コミからです。


「デザインもブランドもシンプルで控えめな点が良い。
他メーカーはブランド独自の個性的なデザインやロゴマークが目立ちつが、ココマイスターは正統派でスタンダード、デザインもシンプル。ブランドの財布ですという主張が良い意味でない。
ブランド力ではなく品質で勝負している感じが好きです。」

「欧州産の高級皮革と日本の熟練職人のそれぞれの得意を活かして、最高級のレザーウォレットに仕立ててくれています。」

「ココマイスターの財布はスーツに合わせやすいです。落ち着いた大人の男性のイメージにぴったり。本物を渋く使えて、ビジネスシーンに最適です。」

「ブライドル・クリスペルカーフ・コードバン・マットーネ・マルティーニ等、革好きの方々から絶大な人気を誇る名門レザー会社が作った革を採用しています。雑誌での評判通り革の仕上がりがとても良く、一度使うと手放せません。」

「ココクラブ」と言う無料会員サービスの保証制度が驚くほど充実しています。
購入後2週間以内で未使用なら、返品の際の送料もココマイスターが負担してくれる保証です。イメージ違いの返品に応じてくれるので実物を手に取って確認できなくても安心して注文できます。
またファスナーやコバの破損は基本的に無料です。安心して長く使えるので有り難いです。」

■悪い口コミ

一方で、悪い口コミにはこのようなものがありました。


「使って2か月で縫製がほつれてしまった。」

「購入してからそんなに経っていないのに、すでにファスナーが壊れそうです。」

「縫製が等間隔になっていない。不揃いな仕上がりが期待していたものと違った。」


ココマイスターの財布は、良くも悪くもハンドメイドが特徴で手作りの不揃いを楽しみたい方に向いています。縫製が等間隔でないのは、ハンドメイドゆえの特徴と言えるでしょう。

また、ほつれや壊れた等の欠陥がある場合は「ココクラブ無料会員」に無料登録すると、購入から14日以内であれば、返品・交換を無償で受けられます。

永年保証制度で永年無料修理できるようになっていますので、上手にこのアフターフォローの制度を活用したいですね。


「革に傷が付きやすく安心して使えない。」

「写真で見たものと実物の色が違う。」


こちらに関しても、「ココクラブ無料会員」に無料登録すると、イメージ違いを理由とした、返品・交換も無償で受けられるようになっています。

ネット購入の場合は実際に商品を目で見ないとわからないものです。14日以内と期限はありますが、実際に目で見た革の仕上がりや色がイメージと違う場合は、返品・交換制度を活用してみてはいかがでしょうか。


「メールで問い合わせをした際、お店からの返信が遅かった。」

「欲しいと思っている商品がすぐ売り切れてしまう。もう少ししっかり在庫管理をして欲しい。」


メールでの問い合わせに関して、何日以内に返信しますと書かれてはいませんが、もしかすると人的ミスがあったのかもしれません。

急ぎのときはメールよりも電話でお問い合わせをするほうがスムーズでしょう。

また、ココマイスターの財布は、素材にこだわっているため革の仕入れ数量が限られてしまうようです。ハンドメイドという点でも製作に時間がかかると言えます。

その点もハンドメイド製品を手にする楽しみに変えてみても良いかもしれません。

【ココマイスターの財布】のラインナップ

ではここからは、ココマイスターから販売されてる財布を詳しく見ていき、その魅力に迫りたいと思います。


■コードバンのシリーズ

ココマイスターの中で最も評判が高く人気を誇っているのでが「コードバン」を使用した製品です。

コードバーンは革の宝石とも呼ばれています。独特の硬質と、とてもなめらかでしっとりした手触りが特徴で、上品さと重厚感、ダイヤモンドのような美しい光沢が印象的と言われているそうです。

どのシリーズも、経年変化を楽しむコンセプトで作られており、使えば使うほど、味わいが出て来る財布ばかりと言えますね。

ちなみに革の宝石「コードバーン」は、ココマイスターでは3つのシリーズで商品展開されています。


【シェルコードバン】

シェルコードバーンは、美しいツヤと牛革の3倍強度で傷などにも強く、手入れ次第で一生使える優れものです。

希少性の高い素材を使用しているため、1年以上前から予約が必要と言われている逸品!

何故なら、限られたブランドしか取り扱えない、米国で100年以上の歴史があるシェルコードバンをココマイスターは使用しているからです。

これを聞くだけでも、ココマイスターのこだわりを感じられますよね。

「シェルコードバンアーチデューク(120,000円)」「シェルコードバンスタンフォード(95,000円)」は収納力に優れた逸品です。金色のファスナーが高級感漂い鈍い光沢がシックな印象です。

他にも「シェルコードバンジョンブル(78,000円)」は重厚感としなやかさが特徴で裏表で経年劣化を楽しめます。

生産数が少なくすぐ完売するので幻の商品とも言われているようです。


【マイスターコードバン】

ココマイスターのマイスターコードバンは顔料を使用しない最高級の水染めコードバンです。

姫路市にある日本で唯一の馬革専門タンナーを使用していて、ここにもこだわりを感じられます。丁寧に染色して深みや適度なムラ感を高級な表情に仕上げています。

また特徴的な透明感がコードバンを上品に魅せ、日本の熟練職人が染め上げる技術の高さを実感できるはずです。

内装はオイルレザーを使用し手触りのよいシボ感と経年変化を楽しめる製品です。

「マイスターコードバンスカイスクレイパー(70,000円)」はシンプルな長財布で、ジッパーのつまみ以外の装飾はなくスマートな印象。定番のデザインで場所を選ばずに使えるでしょう。

またラウンドファスナーなので、鞄の中でカードや小銭が散らかる事もなく使いやすいです。高級感があり大人の男性の格好良さを演出できる財布ではないかと思います。

重厚感あるブラックとお洒落な雰囲気を演出するボルドー・ワインの2色展開。

また、カード8枚、お札入れ2か所、ファスナー付き小銭入れが1つ付いていて、機能性も重視しています。領収書やチケット等を収納するフリーポケットも2箇所付いているので、財布の中もすっきり整理できますね。

財布の買い換えに失敗したくない方にマイスターコードバンは自信をもっておすすめできます。


【コードバン】

ベーシックなコードバンは、ココマイスターの中で一番手頃で品薄状態が続く人気シリーズ。

圧倒的な存在感で魅了するコードバンは知性と気品にあふれている雰囲気があります。

革表面にロウを手作業で入れているので、白い粉が付着した感じとキメの細かさが印象的。優しい触り心地ですが、繊細な質感と違って、強度は牛革の3倍と言われる頑丈な作りです。

ブライドルレザーによく似ていますが、コードバンは輝かしい光沢感を維持でき希少性も高いのが特徴ですね。

「コードバンラウンド長財布(54,000円)」は国産最高級のコードバンを外装に使用し、経年変化によってコードバン独特の美しさへ変化していくのを楽しめます。贅沢な逸品を持ち歩いているので、お会計の時は優越感に浸れますね。

内装には高級ヌメ革を採用しており、内外のコントラストも上品で、使い込むほど光沢感が増していくでしょう。ココマイスターのコードバンは一生愛用できる逸品ではないでしょうか。

色は大人ブラックと気品あふれるボルドーブラウンの2色があります。

また、コードバーン以外にも、上品で上質なこだわりのあるシリーズも用意されています。

■ブライドルのシリーズ

ココマイスターのブライドルレザーは天然皮革でありながら高級感と耐水性に優れています。

美しい光沢と表面に白く浮き出た粉(ブルーム)が特徴です。

牛革の中で最も硬く、バラ傷や色ムラ、血筋やシワ等を多く含む肩部分の皮革を使用しているため、天然皮革の表情を楽しむことができるのではないでしょうか。

実は、ココマイスターでは、ブライドルレザーのラウンドファスナー財布の研究開発に2年を要していると言います。それだけの強いこだわりがある製品ということですね。


ブライドルレザーの中でも、「ブライドルグランドウォレット(32,800円)」は一番の評判を誇っています。


そして、二つ折り長財布「ブライドル・インペリアルウォレット(31,500円)」はしっかりした重厚感が特徴的。通しマチ(財布が横に広がる底部分)は職人技がなせる技で、強度な安定感を保てるので、お札の収納力に優れています。


また、「ブライドル・アルフレートウォレット(31,500円)」はマチ部分がV字になってより薄さを強調しています。

■ロンドンブライドルのシリーズ

ココマイスターのロンドンブライドルシリーズの財布は5つのバリエーションがあります。

また、色はロイヤルチョコ・アルバートレッド・ハイドパーク・ブルースネイビー・ステージブラック・パイプオルガンの6色展開で、個性を表現できるようになっています。

イギリスの歴史ある劇場をモチーフに誕生した「ロンドンブライドルシリーズ」は、外装はブライドルレザー、内装はマットーネレザーを採用しています。


「ロンドンブライドルスプレッドイーグル(45,000円)」は渋い洒落感が特徴。外装はブルースネイビー、内装はブランデーと意外な色の組み合わせで上品なコントラストになっています。



「グラディアトゥール(43000円)」はシックで重厚感があり、色が意外な組み合わせでも、カジュアル感は殆どありません。


また、「パースファントム(36,000円)」の経年変化は堅牢で美しい光沢を放ち、ココマイスター人気商品ブライドル・コードバン・マットーネを抜いて売上1位を記録しています。

■ジョージブライドルのシリーズ

ココマイスターのジョージブライドルシリーズは7つの商品を取りそろえ、流行に流されない存在感でスーツスタイルを格式高く演出しています。

色はブラック・モスグリーン・ロイヤルブラウン・ダークネイビー・ボルドーワイン・ヘーゼルの6色展開となっています。


「ジョージブライドルロイヤルウォレット(50,000円)」はファスナー型の長財布。ブライドルレザーを内側にも外側にも贅沢に使った逸品です。使い込むほど輝きが増ししていくのではないでしょうか。


「バイアリーウォレット(43,000円)」は裏表すべてブライドルレザーで、ロウが浮き出るのが特長です。ロウが取れる頃には深い色合いと特別感で持ち主の格を上げる一品になりますね。全体的に薄い仕上げですが手に持つとしっかりした重厚感と安心感でいつまでも見ていたくなるはずです。


「バイアリーパース(36,000円)」は気品と色気が漂う英国の革文化と、日本魂が調和したオシャレアイテム。滑らかな手触りが特徴的です。

■クリスペルカーフのシリーズ

ココマイスターのクリスペルカーフシリーズは柔らかく手触りが良い仕上がりになっています。

革表面に凹凸の水シボ加工を施すことでキズを防いでくれ、安定した高級感と水シボの繊細を楽しむことができます。

色はロイヤルブラック・グランツネイビー・ダークブラウン・シャルトープの4色展開。黒は「漆黒」という「うるしを塗ったような光沢を持つ黒」を使用しているのが特徴です。


おすすめ商品は「カシウスウォレット(63,000円)」。ラウンドファスナーのロングウォレットで高級感の演出に最適です。


また、折り畳み式の見開きタイプ「ロシュウォレット(54,000円)」はシンプルに薄く仕上げた革の輝きを魅せる逸品。光に反射すると、表面全体のシボ模様は美しい雰囲気になります。

「クロムなめし」と言うなめし剤を使うことで、滑らかで美しいレザーに仕上げ、軽量で厚さ2cmの薄さを実現してくれているのも嬉しいですね。

■マルティーニのシリーズ

ココマイスターのマルティーニはバケッタ製法でオイルをたくさん革に含ませているので、しっとり手に馴染む心地よい質感を味わえます。

ほとんど光沢のない素朴な印象ですが、経年変化により光沢が増すことで深みのある高級感へと変化していきます。適度なシボ感も美しいですね。

色はオールドブラック・ブランデー・ビターチョコ・ダークネイビーの4色展開となっています。


「マルティーニクラブウォレット(38,000円)」は落ち着いた印象で、30代以上の大人が持つと見栄えがするでしょう。


上品な「アーバンウォレット(42,000円)」はシンプルな折り畳みのロングウォレットですっきり収納したい方におすすめです。


「オーモンドウォレット(40,000円)」は小銭の容量が大きくカード入れ部分も丈夫な作りになっています。

使うごとに味が出るシリーズで、1~2年と使い込むうちにアンティーク感の表情へと変化していきます。

■プルキャラックシリーズのシリーズ

紳士用が多いココマイスターの中で、プルキャラックは2016年誕生の数少ないカジュアルな新シリーズです。

オイルを沢山含ませたプルアップレザーを使用、発色が適度の抑えられアンティークな雰囲気が特徴です。大航海時代をイメージしており、キャラック船(貿易船)のロゴが入っているようです。

ソフトな手触りで手に馴染みむのもカジュアルラインならではと言えるでしょう。

色はシーアンビジョン(深緑)、ブラウンシップ、ナイトネイビーの3色展開。


一番人気がシーアンビジョンの「プルキャラッククラウディオ(36,000円)」です。プルアップレザー使用なので、通常のラウンドファスナー財布よりもさらに濃い色に経年変化します。ハリとツヤがあり優しい手触りで、しかも収納力抜群です。機能性が高いのは嬉しいですね。


「ロンバルディア(38,000円)」は折り畳み式の財布です。シンプルで使いやすく高級感が漂います。


二つ折り「パルテノーペ(32,000円)」もカジュアル雰囲気でおすすめです。

■ナポレオンカーフのシリーズ

ナポレオンカーフはオイルドヌバックという皮革を使用しており、他の革では味わえないしっとりした肌触りです。

しっとりとオイルを感じることができ、起毛した表面の肌触りは癖になる心地良さです。

ココマイスターの中で一番多くオイルを含むので、3ヶ月?半年程度で他の皮革の5年?10年分の経年劣化が起き、英雄ナポレオンの名にふさわしいスピードで変化をすると言われています。

使い込むうちに起毛がなくなってツヤになり、オイルが酸化して色も独特の色に変化していくでしょう。

マットブラック・ブランデー・オリーブ・ボルドー(赤系)・マゼランブルーの4色展開となっています。



「ヘラクレスウォレット(32,000円)」は手頃でコストパフォーマンスも良く男女問わず人気です。

一番人気の色はボルドー。ラウンドファスナーですが、大きさも厚みも丁度よいでしょう。



「アレッジドウォレット(34,000円)」はL字ファスナーの小銭入れが出し入れしやすく便利です。

■オークバークのシリーズ

ココマイスターのオークバークは希少価値がとても高いシリーズです。

国内ではココマイスターしか扱っておらず、完成に1年以上かかるため値段も高いです。超高級革製品として需要が高いので、他の人が持たない財布が欲しい方におすすめです。


「オークバークブリストル(73,000円)」は薬品を一切使わず、オーク(樹木)そのものの着色なのでヴィンテージ感があります。しかも光沢とツヤもある自然な印象です。


「ウェスターリー(70,000円)」は折り畳み式の長財布です。牛革ですが、まるでオークの木で作られたような自然な風合いが特徴ですね。

色はブラウン系とブラック系の5種類ですが、中でも「イングリッシュオーク」と「オイルブラウン」の2色はナチュラルな木の色をしているのが個性的。懐かしいアンティーク感がまるでオークの木の皮をそのまま使用した印象です。

■マットーネのシリーズ

ココマイスターのマットーネはとても美しい皮革で適度なシボ感が出す光沢が豊かな風合いです。

内側は植物性タンニンでなめしたヌメ革が柔らかい印象で、ビジネスにもカジュアルにも最適と言えるのではないでしょうか。


中でも「マットーネラージウォレット(29,500円」は男女問わず使えて革も形もオーソドックス。安心感ある長財布として好評のようです。


また、表面が編み込みタイプの「オーバーザウォレット(40,000円)」もカジュアルな中に気品と高級感があります。丁寧で凝った作りと少し豪華な感じが魅力的でグレードを上げたい方に特におすすめですね。


「マルチウォレット(27,500円)」はスリムで軽量、しかも、小銭とカード入れ2つの札入れが付いた機能性抜群のロングウォレットです。


編み込みタイプの「オリヴェートウォレット(38,000円)」は折り畳み式で実用性を発揮します。編み目が美しく経年変化を遂げてくれるはずです。

■パティーナのシリーズ

ココマイスターのパティーナはベジタブルタンニンレザーと呼ばれるヌメ革です。

表面加工しておらず動物そのままの状態に近い革なので、生きていた時にできた傷痕などがそのまま残っているようです。

また表面に傷が付きやすく爪があたったり少しこすっただけで簡単に傷がつきますが、その傷さえ個性に見える不思議な革なんですね。

他商品に比べて高級皮革が安価で購入できるのが嬉しいところです。



「パティーナラウンドファスナー(26,000円)」のナチュラル色(肌色系)は柔らかく優しい印象で見る人を落ち着かせてくれます。



また、「パティーナ長財布(24,000円))」はヌメ革の色ツヤが親しみやすくシンプルな印象です。素朴な印象から経年変化によって独特な色合いへ変化していくようです。そのため、10?20年と長く愛用できる逸品でしょう。

チョコ色や黒はスーツに合うのでビジネス用に大人の色として、またお洒落なブラウン色もあり、好みで選べるとことができます。

欲しい商品が職人製造中!…だったら「販売お知らせメール」に登録

ココマイスターの財布は、職人がハンドメイドで製作し、使用している皮にもかなりのこだわりがあります。そのため、流通量も少なく仕入れが不安定です。

皮革の仕入れに6か月かかろことや、納期に1年かかることもよくあるようです。そのため、欲しい製品の再販売日が決まったら、次回確実に購入できるように「販売お知らせメール」というサービスを用意してくれています。

完売商品一つ一つに登録が必要なようですが、登録項目は名前とメールアドレスの2つだけ。

在庫が復活したかどうかの確認を自分からする必要がないので、欲しい財布、気になる財布が職人製造中の場合は、お知らせメールに登録してくおくことをオススメします。

販売が復活する販売前日か当日にご案内のメールをお届けする仕組みになっています。

まとめ

一つ一つの商品にそれぞれのこわだりがあり、職人の思いも込められているココマイスター。

新興ブランドのため、まだココマイスターのブランド名を知らない人も多いようですが、確実にその存在感を年々増していっています。

ネットのレビューも盛んに行われており、

「革の香りがとても上品だった」

「これからどんな変化を遂げるのか楽しみだ」

というように、皮へのこだわりと経年変化というコンセプトに共感をしているユーザーが多数出現し、評判もうなぎ登りといった状況です。

実店舗も国内で6店舗展開している点からも、その堅実さが伝わってくるのではないでしょうか。

財布は毎日持ち歩くものだからこそ、こだわりのあるお気に入りの一品を、どうぞココマイスターで見つけて下さい。


公式サイト

ココマイスターの財布


■LINK■